第二十三話 枇杷の葉エキスで入浴を愉しむ 和ノ音 -blog essay-暮らし編

最終更新: 1月26日



カズハーモニーでは、お風呂には天日塩と枇杷の葉を焼酎漬けしたエキス、

又は葉を浴槽に入れて、入浴を愉しんでいます。


天日塩と枇杷の葉エキスは温泉と違い、極上のアロマに身体は丁度よく緩む。

また上水道の塩素を影響を軽減してくれるようで、風呂上りの肌はまろやか。

入られたお客様はいつも大喜びです。風呂以外にも虫刺され等にも使用します。


年に1,2度知り合いの方の枇杷の葉を頂戴し、仕込む。



材料:玄米焼酎35度、枇杷の葉、果実酒用の瓶。割合いはお好みで。

3か月も漬ければ茶色く濁り出来上がり。エキスは一升瓶に移し替える。


一掴みの天日塩とエキス大さじ一つ程入れれば、最高の薬湯。


浴、皮膚浴は身体を修正するにはとっても便利で、効果が非常にあります。

小さいお子様はお風呂を利用して整体施術をするほど整体師にとっては

重要視されています。


入浴法については後ほどお話しましょう。


15回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
  • Facebook - Grey Circle
  • LinkedIn - Grey Circle
  • Google+ - Grey Circle

kazu harmony