第九話 和の音- blog essay - 新型コロナ対策呼吸法 整体編  

最終更新: 3月26日


世界規模で蔓延している新型コロナウイルスに罹った際の対処はいくつかあります。

いくつかのアプローチの中の一つ呼吸法を動画でご紹介致します。今回は重傷でない方を対象としています(重症な方は全く別なメソッドになり割愛致します)。この鎖骨と首の間のくぼんだ処は「鎖骨か」と呼ばれ肺と関係があり、ここを押してみて不快、かつ違和感を感じるようだったら今回の呼吸法はお薦め致します。尚予防の為と頑張って行うことはお薦めはしません。心と身体は繋がっており、不必要な過剰な予防対策は心身を委縮してしまい免疫力は下がってしまいます。


今回の呼吸法は基本的に鼻で呼吸していますが、初めの呼吸法はよく紹介される「肩上げストン」。下げる時口から一気に「ハァ~」と吐く方法もあります。どちらの呼吸法も「もうこれくらいでいいかな」という程度で、心はポカンと、全身の力は抜いてやり過ぎずに顔晴(がんば)りましょう。

これらの呼吸法は何も新型コロナウイルスだけでなく、通常の風邪、ウイルス系、また花粉症対策にも有効です。

あくまでもカズハーモニーからの提案です。関心ある方はご活用頂ければと思います。


新型コロナウイルスを「敵」と捉え対するか、「共存」という方向で寄り添うかで、

私たちの身体の反応も変わってきます。

上がりきれば、自然に下がっていく。逆もそうであるようにその円運動は私たちに今何を

知らせてくれているのでしょうか。皆様と一緒に感じながらこの瞬間を乗り切りましょう!





66回の閲覧
  • Facebook - Grey Circle
  • LinkedIn - Grey Circle
  • Google+ - Grey Circle

kazu harmony