top of page

第三十六話 今から春まで絶好のチャンス- 身体は幼児期 -



これから後頭部が開き始め春の準備に入り、3月はいよいよ骨盤は開いて上がる(生理時などは落ちるのに)。骨盤はダイナミックに躍動します。身体は幼児期にあたり、特にその時期は整体施術- 愉氣 -の効果が上がります(幼児がそうであるように、更に胎児は数倍の効果といわれる)。整体に近い身体ですと、春は愉しい空想、行動の意欲も出てきます。逆に不整体ですと過敏になりやすく、花粉症や鬱、ザワザワ感等起こることも。


冬の間、頭と目の使い過ぎによる疲労、首肩の緊張を和らげ、食べすぎた身体を休めましょう。17日は土用入りのため、4,5日は少食少飲にして生水(私は氷水を飲んでいます-野口晴哉氏提案-)をこまめに飲んで乾きを回避。立春に向けて赤鬼(陽性の毒素)青鬼(陰性の毒素)を退治せよ!今年も愉しい春が待っています!



【整体施術で改めて身体の変化に驚き】

本日、整体個人指導にいらっしゃった70代女性Mさんは、一昨年前ギックリ腰を期に毎月通い続けています。自身の普段の自動運動等の成果と施術とのハーモニーの結果、10歳お若くなりました!?というくらい骨盤が若々しく、同時にお身体の中心線もすーっと通り美しい。老年期- 老い -といえど、お身体が整体に近くなる(上虚下実の状態)と、そのご年齢の美しさというのがあります!女性は生殖器が内にある為、骨盤の状態、柔軟、弾力などで身体の好不調、病い、果ては心の影響は男性より左右されます。


illustrator: 白梅&玄人


第三十六話 今から春まで絶好のチャンス- 身体は幼児期 -

和ノ音 - blog essay -

閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示